Daily life @ ICS(MBA) - 2nd years

icssecond.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 07日

Job searching (BCF)

Discoが企画している、日本語・英語bilingualの学生(学卒・大学院卒共)を対象にしたBoston Career Forumという大きなJob Fairがあります。
参加企業数は200社を越え、金融・製造業・コンサル・広告代理店・流通・IT等、あらゆる業界からの著名企業が参加している、まさに就職活動のshoping mallみたいなもの。

ちょっと情報は古いですが(2005)、どなたかが書いたblogで、学生の視点からBCFについてgeneralな情報が書かれていたので、ご紹介いたします。
会場が変わったりしていて若干違うところもありますが、雰囲気は伝わります。
どこのどなたか存じませんが、勝手にリンク貼ってごめんなさいね。
あとは、ICSの隠れblog writerによる個人blogに詳しい情報が載っているので、是非参照ください。
どのような準備をしたらよいか、どのようにプロセスが進むのか、等、とても参考になります。

BCFは毎年秋に行なわれていて、ICSの交換留学の時期と合致。
私費学生には、就職活動は必須&とても大切・・・時間をかけていろんな人と話して、本当に合った企業、仕事を探したいですよね。
以前からBCFについては知っており、「こんなおいしい機会を逃す手はない!」と、BCFに参加することも交換留学の目的の1つでした。
誰も考えることは一緒らしく、ICSから米国に留学していた私費学生達は皆こぞってBCFに参加。皆、実り多い時間を過ごせたようです。吉。

本blogでは、私のcaseを簡単にご紹介いたします。

【業界】ヘルスケア
(理由)前職がヘルスケアだったので&やっぱりこの業界が好きなので。

【職種】マーケティング
(理由)そりゃよしゼミ(ICSのMarketing教授のゼミ)ですから。

【受けた企業】
外資ヘルスケアメーカー:2社(here in after referred to as A社、B社)
外資ヘルスケアコンサル:1社(C社)
内資電気メーカー:1社
外資IT:1社
ヘルスケア以外はなんとなく興味があったので話だけでも聞いてみよう、と。話した結果、やっぱり違うな・・・ということが分かってよかった。
listen to your heart, and follow it が大切です。

【Time schedule】
before BCF
resume submission for A社, B社 and C社
interview arrangements with A社, B社, and C社
★早めにBCFのサイトをチェックして企業分析をし、ついでにtravel scholarshipもgetしましょう。

day1
A社面接 with HR manager@面接booth
B社面接 with US HR manager@面接booth
C社面接 with HR@企業booth
dinner with A社

day2
A社面接 with VP for one dpt@面接booth
dinner with B社

day3
C社面接 with HR manager@面接booth

after BCF (in Dec & Jan, in TKY)
A社面接 with VP for one dpt@HQ
A社面接 with MKTG@HQ
B社面接 with HR manager@HQ
B社面接 with VP for one dpt@HQ
B社面接 with GM for one dpt@HQ
C社面接 with senior consultant@HQ
C社面接 with consultant@Imperial htl

企業boothというのは、open。アポなしの学生とかがうろうろしてる。
面接boothというのは、closed。アポが入った学生だけがうろうろしてる。

【コメント】
dinnerはかなり重要。
そこでkey personを見つけ、きちんと話をすることで次に結びつきます。
当たり前だけど、準備段階で基本的な自己分析・なんでMBA・なんでこの業界・なんでこの仕事・なんでこの会社、等の質問には全て答えられるようにしておくこと。
一貫性が大切です。

かなり偏った一例ですが、ご参考になれば幸いです。
面接内容等にご興味がある方はコメントにメッセージを残していただければ、お答えいたしますよ:-)

それでは次のblog writerにバトンタッチです。よろしくー。
[PR]

by icssecond | 2007-02-07 12:35 | Exchange: UCLA


     Exchange experi... >>